横浜訓盲院について


基本理念

創立の精神(キリスト教)を尊重し、利用者個人の尊厳の保持を旨とし、福祉サービスの利用者が心身ともに健やかに育成され、個人の有する能力に応じた自立した日常生活を営むことができるように、良質かつ適切に支援します。
地域や関係機関団体との緊密な連携を進め、施設における事業の充実および地域福祉の進展に寄与します。


  • 家庭事情のある障がい児を家庭的な雰囲気の中で養育する施設です。
  • 専門スタッフにより生活訓練を実施するほか、一人一人に最も望ましい教育の場を選び、その子の能力を伸ばしてあげられるように支援しています。
令和2年度自立支援目標
1F
  • 児童それぞれの能力、特性に合った就労先や進路先にすすめるようにする。
  • 児童のニーズを把握し、社会訓練を実施する。また、自分に必要な生活スキルを身につけられるよう支援していく。
  • 規則正しい生活を送り、情緒の安定に努める。また、児童の健やかな成長とその自立を支援する。
2F
  • 規則正しい生活を送りながら、健全な心身を育成する。
  • 安全で安心して生活できる環境を提供し、情緒の安定を図る。
  • 人に対する距離感やマナーを学びながら、社会性を伸ばしていく。
3F
  • 家庭的な雰囲気の中、児童の個性を尊重した自立支援をおこない、ADL面、コミュニケーション力の向上を目指す。また、規則正しい生活を送る中で健康に育つように支援する。
4F
  • 安心・安全に配慮し、家庭的な雰囲気のもと、児童が笑顔で過ごせる環境をつくる。
  • 個々の児童の障害や発達段階に応じた身辺自立、コミュニケーション手段の確立を図る。
  • 集団生活の中で、人との適切な関わり方、距離感を身につける。
入所について
  • 直接当施設へお問い合わせ下さい。
  • お住いの管轄の児童相談所へご相談下さい。
費用について
  • 措置児童は従来通り措置費でまかなわれます。
  • 契約ケースについては個々に負担金が決められます。(詳細はお問合せ下さい)
短期入所・日中一時支援制度について
目的

障がい児を養育している親が “所用で養育が出来ない場合” “冠婚葬祭” “休養(レスパイト)” 等の理由がある時、施設を利用できます。

期間 

1日~数日間(月に10日を限度)

手続き 

直接当施設へお問い合わせ下さい。